2011年10月01日

郡山ホームページ作成 落雷や突然の雨に注意 和歌山県紀南地方

全国的に大気の不安定な状態が続いている。和歌山県紀南地方も南からの湿った気流が流れ込む状態が続いており、日本気象協会関西支社は「急な落雷や突然の大雨に注意が必要」と呼び掛けている。

 今の時期は、南からの湿った空気が紀伊山地にぶつかって積乱雲ができるため、雷の発生率が高くなる。和歌山地方気象台によると、山地の多い田辺市では、雷注意報が12日から29日まで断続して発表されている。ゴロゴロという雷鳴が聞こえたら家の中や車内に避難すること。斜めからの放電もあるので大木の下にいても危険という。

 雷は気象レーダーとともに専用の監視システム「ライデン」で観測されている。気象庁広報課によると、雷が発生した時に出る電磁波を受信する装置が全国に30カ所あり、うち県内には南紀白浜空港に1カ所ある。

 この観測網により、雷が発生した時刻や位置、規模などが瞬時に分かるので、航空機の運航などに生かされているという。また気象庁のホームページに雷の発生情報が常時、公開されている

甲府ホームページ作成

静岡ホームページ作成

沼津ホームページ作成

浜松ホームページ作成

埼玉ホームページ作成

茨城ホームページ作成

山形ホームページ作成

福島ホームページ作成

秋田ホームページ作成

岩手ホームページ作成
posted by ホーム at 01:16| Comment(0) | 郡山ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。